三流プログラマが脱三流するために書くブログ

PHP, オブジェクト指向プログラミング, デザインパターン, リファクタリング, DDD, 関数プログラミング, etc.

38. 2018年の振り返りと2019年の抱負

2018年の振り返り

29. 2017年の振り返りと2018年の抱負 - 三流プログラマが脱三流するために書くブログ

残念ながら2018年も脱三流は成りませんでした(という実感が得られませんでした)。

信念とか飽くなき探究心とか、そういうプロフェッショナルが持っているようなものを持てない、というのが大きいんだと思いますが、どうしたらいいのかよく分かりません。

KPT

Keep に挙げた3つのうち2つは頓挫。

まぁ事情はあるにせよ、1年通して続けるのって難しいよねっていうのはかんじていて、その時々の状況だったり自分の精神状態だったりで方向性が変わるのは別に悪いことじゃなくて、それで得たものを糧に次のステップに進めればいいのかなって思いました。

Try に挙げた3つは(実質2つだったけど)、

ウェブへの興味は薄れる一方ではありますが、去年はフロントエンドプログラミング(HTML/CSS も含めて)を多めにやったので、少しは防波堤代わりになったんじゃないかと思います。

デザインに関しては、なるほどたしかにトライはしたよな、と記憶が蘇ってきました(トライは、した)。

まぁ別に諦めたわけじゃないんだけど、今後もぼちぼちやっていきます。

タイムマネジメントは ClickUp + Toggl でわりといいかんじにやれたので、これは OK。

所感

いつにも増してフロントエンド(Vue.js)の割合が多かった1年でした。

ウェブアプリケーションにおいて、年々バックエンドの責務が減ってきて、フロントエンドにかかる比重が増しているので、フロントエンドできるマンにならないといけないなぁとは思っていますが、チームに専属フロントエンドマンがいるとなかなか仕事が回って来ず、成長もできないわけで、その辺悩みどころではあったんですが、昨年はわりと書かせてもらったので、フロントエンド Lv.3 くらいにはなった気がします。

GraphQL も触ってみたけどいいかんじですね。実プロジェクトで使う機会があればチャレンジしてみたいです。

2019年の抱負

去年までは KPT 方式でやってましたが、今年はやめようと思います。

トライだけ書くかんじで。

1. プログラミング言語をつくってみる

2年前くらいから書きたい欲はあったんですが、なかなかとっかかりがなくて手を付けてなかったところ、去年

「How To Create Your Own Freaking Awesome Programming Language」

Create Your Own Programming Language

という本を買ったので、これを見ながら。

構文解析から自力でやるつもりで、インタプリタ実装の言語は Nim を選択しました。

こんなかんじの文法にする予定。

import io

fn f(s: string)
  println(s)

fn main()
  let s = "hello, world"
  f(s)

元旦にとりあえず以下の命令を動かせるようにはしましたが、ある程度使えるものにするには長い道のりになると思います。演算子オーバーロードとか大変そう。

println("hello, world")

参考実装

2. ウェブサービスをリリースする

着手自体は去年からしてたんですが、ちょうど connpass でこんなグループを発見したので、3月末を目指して、ということになりそうです。

https://shincyokudoudesuka.connpass.com/

言語はいまのところフロントエンドを ClojureScript で書き始めていて、バックエンドは Firebase にしようかな、と思っていますが未着手。

3. メンタリング

2年前からやっていて、去年は某オンラインスクール的なところでもやっていましたが、大人数をいっぺんに対応するのは困難であると感じたので、今年は個人のみでやっていこうと思っています。

4. ソロアルバムをつくる

かれこれ10年近く言い続けているので今年も実現しないかもしれないですが、ひとまず1曲だけでもいいから録音しておきたいな、と(過去に何度か録ったけど消してしまったという実績があるのでこれもあやしい)。

今年はバンドの方もアルバムつくりたいという声が上がっているのでそっち優先になるかもしれないです。

以下、機会があればやりたいこと

  1. チーム開発(マーケター、デザイナーと組んで)
  2. 海外の仕事を請ける(英語でコミュニケーションできる相手と)
  3. スーツを着る(もう5年は着てない)

おわりに

去年は少し肩に力が入っていたので、今年は力を抜いて自然体でやっていこうと思います。

今年のテーマ: つくることの喜びを味わう