三流プログラマが脱三流するために書くブログ

PHP, オブジェクト指向プログラミング, デザインパターン, リファクタリング, DDD, 関数プログラミング, etc.

43. PHP カンファレンス沖縄に行ってきた

この記事について

こちらのイベントに参加したのでその感想です。 PHPカンファレンス沖縄2019

LT 資料

PHP Getting Faster - Speaker Deck

リハーサルした際、早口で喋って30秒オーバーだったので、本番焦ってさらに端折った結果、なにを言いたいのかよくわからない LT になってしまったような気もするので、その点は反省点としつつも、まぁ、FFI とか Nim とか使わんよね?という妙な安心感もあるので、ご容赦いただければと思います。

ただ、このスライドをつくるために、たぶん10時間くらいかけていて、Nim コンパイラの吐く C のコード読んだり、FFI 絡みの C のコード読んだりして、だいぶ勉強になりました(FFI たぶん使わないけど)。

学んだこと

Swoole だったり、アーキテクチャだったり、組織づくりだったり、色々学びは多かったんですが、結論としては、これでした。

ユーザー数の多さと歴史の長さゆえ、PHP と一口に言っても色々な使い方、関わり方、みたいなのがあって、それぞれの体験や成果物に価値があるよね、っていう前提があった上での、ベストプラクティスだったり「正しさ」だったりを追求していくっていう姿勢とか、レガシー=悪、モダン=善、みたいな二元論じゃなく、それぞれの価値を認めた上でどうするか、っていう議論ができるのが、素晴らしいことだなぁ、と思いました。

所感

個人的に沖縄が好きなので、コミュニティが盛り上がるのはうれしいし、何かで貢献できないかなっていつも思っているので、こうして沖縄初の PHP カンファレンスに参加できて、よかったです。

写真ぜんぜん取れてなかったので、宜野湾の海の様子を貼っておきます。

運営のみなさま、本当にありがとうございました!!

また次回お会いしましょう、ハイサイ!(お別れの挨拶なんていうの

f:id:nunulk:20191013040705j:plain